新着情報

SAGAスポニュース

<ビーチバレー>井上美紅・髙尾美衣組(鳥栖高)22歳以下九州1位 厚い信頼、向上心も力に

ビーチバレーボールに打ち込む2人の女子高校生が九州のトップに立った。鳥栖高2年の井上美紅と髙尾美衣が、22歳以下の大会獲得ポイントで九州沖縄ブロックの1位になった。「2人で積み重ねたポイント。来年も得点を取り続けていければ」と笑顔を見せる。

国内大会に出場し、上位に入ることで獲得できるポイントの合計で、毎年地域ブロックごとの順位が確定する。2人は11月に鹿児島県で開かれたU―18の大会で優勝。大幅にポイントを伸ばし、九州沖縄ブロックの1位に躍り出た。22歳以下の全国ランキングでも26位につけた。

ペアを組んだのは高校1年の夏ごろ。約1年後の今年9月に栃木県で開かれた国体では、少年女子の部で5位入賞を果たすなど成長著しい。井上は「いろんな人が応援してくれて楽しかった」と振り返れば、髙尾は「あんなに応援されたのは初めて。力になった」とかみしめる。

普段はバレーボール部で活動する2人。夏場の練習はきつかったというが「一番伸びることができた時期」と胸を張る。ブロックやレシーブのフォーメーションの練習を重ね、2人の役割をより明確にすることができた。井上が「いてくれなければ成り立たない守護神」と口にすれば、髙尾は「攻撃で決めてくれるし、精神面でも支えてくれる」と話す。お互いに信頼が厚い。

国体で監督を務めた県ビーチバレーボール連盟の春野修司理事長は、2人の成長に目を細める。「国体は緊張すると思っていたが、2人とも笑顔でプレーできていた。『うまくなりたい』という向上心を感じられる」。高さを生かした強打が打てる井上は、相手の攻撃をブロックする能力が高い。髙尾はレシーブ力が光り、足を取られやすい砂浜でも瞬発的な動きができる選手だという。

来年に鹿児島県である特別国体に向け「まずは九州大会で好成績を残す」と井上。髙尾は「(国体に)2年続けて出たい」と力を込める。再び大舞台に立ち、好成績を狙うために、2人は「一つ一つのプレーの細かい部分まで丁寧に突き詰めていく」と闘志を燃やす。(小部亮介)

ビーチバレーの九州沖縄地域ブロックで、獲得ポイント1位で終えた井上美紅(左)と髙尾美衣=唐津市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年1月28日<久光スプリングス>総力戦、最後まで集中 粘りの守備猛攻に耐える

2023年1月28日<ゾンビランドサガ×久光スプリングス>声優・本渡さん、河瀬さん来場 「バレーボール、面白い!」

2023年1月28日<久光スプリングス>NECに逆転勝ち2連勝 久光3―1NEC

2023年1月28日<佐賀バルーナーズ>東地区首位の越谷に連勝 佐賀69―52越谷

2023年1月28日<サガン鳥栖>J1浦和と1月29日練習試合へ フォーメーションなど確認