新着情報

SAGAスポニュース

<駅伝・全国高校大会>男子・鳥栖工一丸17位、女子・白石粘走29位

全国高校駅伝は25日、京都市のたけびしスタジアム京都発着で行われ、第73回の男子(7区間、42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間1分10秒の大会新記録で4年ぶり3度目の優勝を果たした。第34回の女子(5区間、21・0975キロ)は長野東が1時間7分37秒で制した。長野県勢として女子初優勝。

男子の倉敷は3区(8・1075キロ)のキバティが区間記録を塗り替える好走でトップに立ち、そのままリードを保った。序盤からトップを争った佐久長聖(長野)が47秒遅れの2位、八千代松陰(千葉)が3位。

女子の長野東は13秒差の2位でたすきを受けた最終5区(5キロ)の村岡が逆転した。4区までトップだった昨年覇者の仙台育英(宮城)が14秒差の2位。神村学園(鹿児島)が3位に入った。

佐賀県勢は、13年連続47度目の出場となった男子・鳥栖工が2時間6分32秒の17位、4年連続10度目の全国舞台となった女子・白石は1時間13分8秒の29位だった。鳥栖工は1区の谷口颯太が30分5秒で区間17位で流れをつくり、最後まで大崩れしなかった。白石は3区前田穂乃香が区間16位で好走するなど、全員で粘り強くたすきをつないだ。

男子 鳥栖工の3区笠原大輔(左)が4区石川蒼大にたすきをつなぐ=京都市、第3中継所


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月23日佐賀県で開催の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会、開閉会式の一般観覧者募集始まる

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>ハンドボール 男女とも佐賀清和と神埼清明軸か

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>アーチェリー 女子団体は高志館と唐津東が軸

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>水泳 市丸愛翔(龍谷)、個人メドレーで好記録狙う

2024年5月23日<佐賀県高校総体展望>登山 男子は鳥栖工と唐津東有力