新着情報

SAGAスポニュース

<クロカンかしま>古枝地区体育協会が初優勝 一般駅伝

2023クロカンフェスタinかしま(鹿島市体育協会・佐賀新聞社主催)が22日、鹿島市陸上競技場・クロスカントリーコースで開催され、22チームが出場した一般駅伝(5区間11キロ)で古枝地区体育協会(鹿島市)が36分32秒で初優勝を果たした。

古枝地区体育協会は1区(2・3キロ)で新人の一ノ瀬涼太が3位の好走でたすきをつなぎ、2区(1・8キロ)の早田基義も粘走。3区(同)で柿塚晋也が上位との差を縮め、4区(同)で三原亘がトップを奪取し、5区(同)の松本健二郎がリードを守り切った。3、4、5区は連続の区間賞だった。

大会は新型コロナウイルスの感染拡大で2年連続中止となり、同日行われた学童駅伝とともに3年ぶりの開催となった。(山口源貴)

1-2区中継所 古枝地区体育協会の一ノ瀬涼太(左)が区間3位の好走で早田基義にたすきをつなぐ=鹿島市陸上競技場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>新体操 女子・佐賀北と佐賀女子が頂点争う 男子は神埼清明2チームが出場