新着情報

SAGAスポニュース

都道府県対抗男子駅伝、佐賀は11位 アンカー山﨑諒介(神奈川大)が10人抜き区間賞

中学生から社会人までがたすきをつなぐ第28回全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市の平和記念公園前を発着点に、7区間48キロのコースで3年ぶりに開催された。佐賀県チームはアンカーの山﨑諒介(神奈川大)が10人抜きの力走を見せ、2時間20分10秒の11位でゴールした。

県チームは1区の谷口颯太(鳥栖工高)が13位と上々のスタートを切り、全員が大崩れすることなくたすきをつないだ。

21位で走り出した最終7区の山﨑は、前を行く選手を次々にかわすと、13キロを37分26秒の区間賞でゴールに走り込んだ。佐賀県チームの区間賞は2007年の飛松誠さん(現戸上電機製作所陸上競技部コーチ)以来16年ぶりとなった。永富和真監督は「誰一人諦めることなくつないでくれた。想定をはるかに上回る走りだった」と選手をたたえた。(北川尊教)

10人抜きを果たし、区間賞の走りでゴールした山﨑諒介(右から2人目)=広島市の平和記念公園前


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<新体操・九州体操選手権>佐賀北と佐賀女子手を取り合い 県選抜「完全優勝」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>登山・松本愛羽(唐津東) 体力と知力駆使、頂点に挑む 昨年の雪辱へ「基礎を固め臨む」

2024年7月14日<北部九州総体選手紹介>ローイング北村真子(敬徳) 練習の虫、爆発的パワー 競技始め1年半、大舞台へ挑む

2024年7月14日【速報】<サガン鳥栖>G大阪に苦杯 試合終了 鳥栖0―2G大阪

2024年7月14日<サガン鳥栖U―18>東福岡高に敗れる