新着情報

SAGAスポニュース

<九州地区高校野球佐賀大会>佐賀北、鳥栖など中心か 35チーム組み合わせ決まる

第152回九州地区高校野球佐賀大会の組み合わせが16日、決定した。大会には連合1チームを含む35チームが出場。優勝争いは昨秋の九州大会に出場した打撃力のある佐賀北、投手の2枚看板を擁する鳥栖のほか、昨秋の佐賀大会で4強入りした東明館、神埼清明の4校が中心になりそう。

昨年夏の甲子園大会に出場し、新チームの始動が遅れた有田工も冬を越えて実力をつけている。佐賀商、龍谷、北陵も力があり、激しい優勝争いが見込まれる。大会は3月21日、佐賀市の佐賀ブルースタジアムで開幕する。

今大会から、延長10回からタイブレークを導入し、無死一、二塁で始める。マスク着用の上でスタンドの選手の声を出しての応援も認める。

決勝は4月4日午前10時から、佐賀市のさがみどりの森球場である。優勝したチームは、4月22日から熊本県で行われる九州大会に出場する。(北川尊教)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>各競技の展望、チームや有力選手を紹

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>剣道 男女とも龍谷、敬徳、三養基が中心

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>卓球 男女とも敬徳が中心か

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>レスリング 65キロ級は全国選抜決勝の再現に注目

2024年5月17日<第62回佐賀県高校総体展望 熱く燃えて>ヨット 女子420級は川添夢叶・今泉心響(唐津西)コンビに力