新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校選抜・ソフトボール>佐賀女子準優勝 タイブレークの死闘、主戦鈴木巴那一球に泣く

一球に泣いた。大会3連覇を懸けて臨んだ佐賀女子は、決勝で延長タイブレークにもつれこむ死闘の末、全国の頂点まであと一歩のところで力尽きた。

この日の準決勝、決勝とマウンドに立ち続けた鈴木巴那は試合後、あふれ出る涙をこらえきれなかった。「最後の最後で甘く入ってしまった」と決勝打を与えた一球を悔やんだ。

力強い速球を武器に好投を続け、準決勝からスコアボードに0を並べた。ただ、延長八回表1死一、三塁のピンチで、外角低めを狙った直球が真ん中に入った。打球が三遊間を抜け、この日の最初で最後の失点だった。何度もマウンドへ歩み寄り、鈴木を勇気づけた主将の加減愛華は「打撃でもっと鈴木を援護したかった」と肩を落とした。

それでも津上さおり監督は「ここまで勝ち上がると思っていなかった。最後に負けたのは全て自分のせい」と選手たちを最大限ねぎらった。

大会直前に内野陣を入れ替え、主力の負傷が相次ぐなど厳しい状況の中で、つかみ取った準優勝。この敗戦を選手たちは胸に刻む。「全国総体、国体では負けない。日本一の投手になる」(鈴木)。泣きはらしたエースの瞳に、果たせなかった全国制覇の4文字が映った。(北川尊教)

決勝・佐賀女子―須磨ノ浦 準決勝、決勝を一人で投げ抜いた佐賀女子の鈴木巴那=鹿児島県の南栄リース桜島グラウンド


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点