新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校選抜>剣道・三養基、悔しさにじむ3位も「満足していない」

決勝進出をあと一歩で逃した。剣道男子団体の三養基は4強に進出し、3位に入った。それでも主将の北原隆磨は「本気で日本一を目指していたので満足はしていない」と悔しさをにじませた。

準決勝までの流れをつくったのは、1年生で先鋒の志岐拓海。5試合のうち4試合で白星を挙げ、チームに勢いをもたらした。「後ろの4人が強いことは分かっている。思い切っていけた」と志岐。田原裕章監督も「いい形で次の選手たちにつないでくれた」とたたえた。

準々決勝までは大将を務めていた北原が、準決勝では相手との組み合わせを考え副将に回った。「積極的に攻めることで守備もつながる」と挑んだが、コテを取られて一本負け。代表者戦にもつれ、同じ相手と対戦したが今度はメンを取られた。「悔しいし、チームの代表として申し訳ない」と声を落とした。

田原監督は「まずは県高校総体を取ること」とすでに今夏を見据える。志岐は「先輩たちと全国で勝つために、今回の結果を稽古に生かす」と決意を新たにした。(中村健人)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点

2024年2月25日<祐徳ロードレース>青山学院大学4年の松並昂勢、大学ラストラン飾る 箱根区間賞の岸本遼太郎(東洋大学)との一騎打ち制す

2024年2月25日<祐徳ロードレース>副島孝輝(鹿島市出身)3位 地元で自己ベストを更新「楽しく走れた」