新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校選抜>レスリング・鳥栖工、競り負け3位 絶対王者に雪辱ならず

絶対的エースの甫木元起に勝利の火をつなぐことはできなかった。鳥栖工は、昨夏の全国高校総体準決勝で敗れた日体大柏(千葉)にまたも屈した。甫木は「自分のプレーにも納得できない。3位では意味がない」と1勝を挙げるも、主将の顔に悔しさがにじんだ。

準々決勝で東海地区王者の飛龍(静岡)に、最初の4人が勝利し、すぐに4強入りを決めた。だが、準決勝は1、2番手の51キロ、55キロ級がテクニカルフォール負けを喫すなど昨夏の総体王者に序盤から苦しめられ、“最後の砦”の甫木にたどり着く前に4敗した。

それでも、60キロ級の伊藤海里が「自分の番で流れをつくり直す」と昨年全国選抜個人2位の相手に食らいつき判定勝ち。前の試合で敗れていた71キロ級の白川大虎も時間を使ってポイントを守り抜き、ともに1年生が僅差で勝利を収めた。

3月始めに主力の1人で九州65キロを制した松原拓郎が左足をけがし戦線を離れた。一つ階級を上げ松原の代役を担った同じ1年生の前田太晟が準々決勝までを全て勝利するなど、小柴監督は「夏からどの選手も成長している部分がたくさんあった。1年生もいい経験をしてくれた」とねぎらった。

「僅差の戦いになったら、絶対負けない鳥栖工をつくっていきたい」。昨年を超える夏に向け、甫木は静かにうなずいた。(鶴澤弘樹)

レスリング団体準決勝・鳥栖工―日体大柏 相手右足を取り、攻め込む鳥栖工60キロ級の伊藤海里(右)=新潟市東総合スポーツセンター


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日全日本学童軟式野球佐賀県大会 25、26日に2、3回戦 開始時刻と会場決まる

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日<佐賀バルーナーズ>ガルシアが自由交渉 海外リーグに短期挑戦「またすぐに会いましょう」 フィーラーは更新

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心