新着情報

SAGAスポニュース

今村病院・久保山が初V 女子400メートル 日本陸上選手権で佐賀県勢8年ぶり頂点

世界選手権の日本代表選考を兼ねた第107回日本陸上競技選手権大会が2日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた。女子400メートル決勝で佐賀北高出身の久保山晴菜(27)=福岡大―今村病院=が53秒19で初の頂点に立った。佐賀県勢では、三養基高教諭だった紫村仁美が女子100メートル障害が優勝した2015年以来となる。

久保山はレース序盤から積極的な走りを見せて飛び出すと、中盤以降は後続を突き放してゴールした。久保山はレース後のインタビューで「日本選手権での優勝を目標としてきた。達成できてうれしい」と喜んだ。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日