新着情報

SAGAスポニュース

<テコンドー・世界選手権>佐賀工高3年の岡本留佳、銅メダル 女子46キロ以下級

テコンドーの世界選手権が3日まで、アゼルバイジャンで開かれ、佐賀工高3年の岡本留佳(Hama House)が女子46キロ以下級で銅メダルを獲得した。佐賀県勢の世界大会でのメダル獲得は、五輪に3度出場した濱田真由が2015年に金メダルを手にして以来となる。

岡本は1回戦でプエルトリコの選手に快勝すると、2回戦でアゼルバイジャン、3回戦でベネズエラの選手にも勝利した。準々決勝でインドネシアの選手に競り勝ったものの、準決勝では世界ランキング1位のクロアチアの選手に屈した。

県勢ではこのほか、濱田康弘(同)が男子74キロ以下級に出場したが、初戦で敗れた。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子