新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校総体>剣道女子の三養基高校、決勝トーナメント進出 カヌー男子カヤックペアの礒川佳士・松川好利組(鳥栖工業高校)5位

【北海道で本社取材班】全国高校総合体育大会「翔び立て若き翼 北海道総体2023」第15日は4日、札幌市などで11競技が行われた。佐賀県勢は7競技に出場し、剣道女子団体の三養基は予選リーグで中村学園女子(福岡)と引き分けたが、敦賀気比(福井)に快勝して決勝トーナメントに進んだ。

弓道は男子の早稲田佐賀、女子の鹿島がともに決勝トーナメント進出を決めた。3日に演技を行った体操男子の鳥栖工は全体の16位で決勝に駒を進めた。

カヌー(500メートル)は男子カヤックペアの礒川佳士・松川好利組(鳥栖工)が5位、男子カナディアンシングルの峯佳生(神埼)が6位、女子カヤックペアの元石暖華・入嶋遥愛組(神埼)が8位にそれぞれ入った。陸上男子の5000メートル競歩決勝に臨んだ古川照哉(鳥栖工)は、最終盤に失格となった。

第16日は5日、同市などで11競技がある。


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子