新着情報

SAGAスポニュース

<学童オリンピック・陸上>池上心遥(白石アスリート)大会新で優勝 女子ジャベリックボール投げ

JA杯第38回佐賀新聞学童オリンピック大会陸上競技(佐賀陸上競技協会・佐賀新聞社主催、JAグループ佐賀特別協賛)は10日、佐賀市のSAGAスタジアムであり、男女26種目が行われた。 女子ジャベリックボール投げで池上心遥(白石アスリート)が大会新の45メートル24で優勝。6年男子100メートルは阪口健祐(江北ビッキーズ)が12秒31(追い風参考)、同女子100メートルは井手希(伊万里三香)が13秒99(追い風参考)で制した。6年男子400メートルリレーはアスリートリンクAが53秒03で頂点に立ち、予選では51秒66の大会新を記録した。3年女子80メートルは古賀りらん(小城)が予選を大会新の12秒86で通過し、決勝は12秒58(追い風参考)で優勝した。女子800メートルは徳永莉子(伊万里三香)が2分31秒97で制した。

大会には約730人が出場。開会式では、佐賀陸上競技協会の末次康裕会長、佐賀県信用農業協同組合連合会監査室の高祖房幸室長、佐賀新聞社の名古屋竜磨事業部長が選手にエールを送った。(北川尊教)

6年男子100メートル決勝 優勝して拳を突き上げる江北ビッキーズの阪口健祐(左)=佐賀市のSAGAスタジアム


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月24日<サガン鳥栖>13年目のJ1開幕戦逆転負け

2024年2月24日<サガン鳥栖>後半失速、気おされ守勢に 富樫敬真「もっと戦わないと」

2024年2月24日<サガン鳥栖>開始5分先制も主導権失う

2024年2月24日<サガン鳥栖>3年目の川井健太監督「我々のテンポでできなかった」

2024年2月24日<クライミング>地元沸かせた気迫の背中 樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)準優勝 リード男子