新着情報

SAGAスポニュース

福岡ソフトバンクホークス・古川侑利投手、今季終了を報告 武雄市役所訪問 育成契約で巻き返し誓う

プロ野球・福岡ソフトバンクホークス所属で武雄市出身の古川侑利投手(有田工高卒)が11月29日、同市役所を訪問し北川政次副市長に今シーズンの報告を行った。10月に球団から戦力外通告を受けたが11月18日に育成契約を結び、来シーズンの巻き返しを誓った。

古川投手は「開幕を1軍で迎えることができたが、その後は思うような結果が残せなかった。来季もホークスで野球ができるので皆さんの期待に応えたい」と話し、北川副市長は「地元の子どもたちの憧れでもある。心機一転頑張ってほしい」と激励した。

古川投手は2日から11日まで米シアトルでトレーニングを行い、投球フォームのチェックなどデータ解析を行う。中旬からは武雄市のひぜしんスタジアムで自主トレを始め、来年2月の宮崎県での春季キャンプに備える。

ホークスと育成契約を結んだことについて古川投手は「地元・九州の球団で野球をしたいという思いが強かった。まずは開幕時に支配下登録になることを目指したい」とし、来シーズンから指揮を執る小久保裕紀監督から納会ゴルフの時に、「はい上がれ!」と激励されたことを明かした。

古川投手は昨年12月、現役ドラフトで北海道日本ハムファイターズからホークスに移籍。今シーズンは9試合に登板し、勝ち負けはなかった。(澤登滋)

来シーズンに向け北川政次副市長(右)から激励を受ける古川侑利投手=武雄市役所


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点