新着情報

SAGAスポニュース

辻発彦さん(小城市出身)「失敗から学ぶ姿勢」大切に プロ野球・西武ライオンズ前監督が講演

小城市出身でプロ野球・西武ライオンズ前監督の辻発彦さんが21日、鹿島市民文化ホールSAKURASで講演した。“常勝軍団”と呼ばれた西武の強さの秘密や、監督として2度のリーグ優勝に導いた指導法などを語った。

辻さんは佐賀東高卒で、日本通運を経て1984年にドラフト2位で西武に入団。走攻守そろった二塁手として西武の黄金期を支えた。99年の現役引退後はヤクルトなどでコーチを務め、2017年に西武の監督に就任。6シーズン指揮を執り、18、19年にはリーグ連覇を成し遂げた。

辻さんは遅咲きの25歳でプロになった際に「ユニホームを脱ぐ時に悔いが残らないよう必死で頑張ろうと思った」と話し、当時の森祇晶監督の下で「選手たちが勝つために話し合い、考えることでチームワークが強くなった」と振り返った。

選手として成長するためにはコーチや監督の助言を「素直に聞いて、素直に取り組むことが一番大事」とアドバイス。指導に関しては「野球は失敗のスポーツで、打席で7回失敗しても、3回打てれば打率3割で一流の打者になる。失敗してもどう対処するかが大事で、頭ごなしではなく、選手に話を聞くことを大切にしてきた」と述べた。

講演会は県商工会議所青年部連合会が主催した。(山口源貴)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点