新着情報

SAGAスポニュース

みやきなでしこ(みやき町)、女子サッカー九州リーグ2部へ 入れ替え戦逆転勝ち 発足4年目で悲願

みやき町を拠点に活動する佐賀県女子サッカーリーグ所属の「みやきなでしこクラブ」が、九州リーグ2部の入れ替え戦で勝利を収め、2部昇格を果たした。発足4年目で新たなステージに進み、選手たちは「最高にうれしい。最大限のパフォーマンスができた」と喜びをかみしめている。

九州各県から6チームが出場した「九州リーグチャレンジ大会」(13、14日・福岡県)でみやきなでしこクラブは2位となり、入れ替え戦に進出。21日に2部7位の熊本ユナイテッドSCフローラと対戦し、5-1で勝利して2部への参入資格を得た。

試合開始1分で先制される苦しい展開となったが、「失点は想定内。焦らずにつなぐサッカーができた」と小池未慧主将(24)=同町出身。前半で逆転し、計5点を奪う高い攻撃力を見せつけた。試合後は、元日本代表GKでクラブ代表の海堀あゆみさん(37)を胴上げして喜びを分かち合った。

就任1年目の田渕径二監督(53)は「難しい試合ばかりだったがよくやってくれた。スピードやパワーを付けてレベルアップを図り、1部昇格、さらにはなでしこリーグ参入を目指したい」と話す。九州リーグ2部は8クラブで競い、1位と2位が1部に自動昇格、3位は入れ替え戦を行う。

クラブは2020年に発足。中学生から社会人まで30人が所属し、小学生や幼児対象の教室も実施している。現在の練習場は土のグラウンドだが、新たな拠点として町内では多目的人工芝グラウンド整備の計画も進められている。

クラブ立ち上げからチームに携わる小池主将は「地域の方から応援されていることを実感し、もっと頑張らないといけないと思えた1年だった。プレーで恩返しして、さらに愛されるチームを目指したい」と抱負を語った。(井手一希)

九州リーグ2部参入を決めたみやきなでしこクラブの選手たち=みやき町の三根運動場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点