新着情報

SAGAスポニュース

<東西松浦駅伝>SUMCO伊万里連覇、前後半ともに首位でゴール 20チーム出場、沿道から多くの声援

第76回東西松浦駅伝大会(佐賀新聞社主催、唐津市・伊万里市・有田町陸上競技協会主管、佐賀ダイハツ販売特別協賛)が28日、西松浦郡有田町の佐賀銀行有田支店・有田町東出張所から唐津市陸上競技場までの8区間59・9キロで開催された。前後半ともに首位でゴールしたSUMCO伊万里が、3時間19分12秒で連覇を果たした。昨年5位の啓成中校区体育協会が準優勝。伊万里市役所は2年連続の3位だった。

大会には唐津、伊万里、玄海、有田の地域や職域でつくる20チームが出場。地元の期待を胸にたすきをつないだ。沿道からは多くの人たちが声援を送った。

躍進賞は前回から累計6分54秒縮めた玄海町スポーツ協会が、敢闘賞は前回の13位から11位に順位を上げた肥前町スポーツ協会が受賞した。(北川尊教)

2連覇のゴールテープを切るSUMCO伊万里のアンカー坂取健斗選手=唐津市陸上競技場(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点