新着情報

SAGAスポニュース

クロカンフェスタ in かしま 700人力走 古枝スポーツ協会、一般の部連覇

2024クロカンフェスタinかしま(鹿島市スポーツ協会、佐賀新聞社主催)が28日、鹿島市陸上競技場・クロスカントリーコースで開催された。学童と一般の2部門に県内外の約100チーム、約700人が出場し、力強い走りでたすきをつないだ。一般の部は古枝スポーツ協会が連覇を飾った。

開会式では大会会長の織田正道・市スポーツ協会会長が「勝ち負けにこだわらず、楽しみながら走ってほしい」と選手を激励し、鹿島少年野球の荒木蓮翔君が力強く選手宣誓した。

学童駅伝は男女別の全5区間8・0キロで、競技場のトラックと起伏のあるクロスカントリーコースで競った。陸上クラブの児童のほかにも、野球やバレーボールの選手たちもユニホーム姿で参加した。スタンドや沿道では、保護者やチームメートが声援で選手を後押しした。佐賀県勢の最高順位は、男子は伊万里三香クラブA(伊万里市)の2位、女子は同クラブAの3位だった。

一般の部は、男女混合で全5区間9・5キロで争った。鹿島市や嬉野市の企業チームなど16チームが出場。互いに声援を送り合い、和気あいあいとした雰囲気で駅伝を楽しんでいた。2位は嬉野消防署A、3位はミックスナッツだった。

(山口源貴)

クロスカントリーコースを疾走する選手=鹿島市陸上競技場・クロスカントリーコース


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年2月27日<バドミントン>永渕(昭栄中3年)がU19日本代表入り 夢は「世界選手権や五輪で金メダル」

2024年2月27日<アスリートの誓い>テニス・緒方葉台子 競技に復帰「今が一番楽しい」 海外経験国スポで生かす

2024年2月26日国スポ・全障スポ 競技力向上と底辺拡大どう両立 スポーツ普及への工夫必要

2024年2月25日第一生命佐賀支社がランニング教室 元選手・原田まつりさんが城南中陸上部を指導

2024年2月25日<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点