新着情報

SAGAスポニュース

<クライミング>樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)が準優勝 リード・ジャパンカップ

スポーツクライミングのリード・ジャパンカップ最終日は24日、多久市の九州クライミングベースSAGAで男女の準決勝と決勝が行われた。佐賀県勢は男子の樋口純裕(佐賀県山岳・スポーツクライミング連盟)が準優勝だった。中上太斗(同)、通谷律(同)、女子の樋口結花(同)は準決勝で敗退した。

女子決勝はパリ五輪代表の森秋彩(茨城県連盟)が制し、5連覇を果たした。男子は17歳の小俣史温(東京都連盟)が2連覇を達成した。

女子は小武芽生(エスエスケイフーズ)が2位、15歳の小田菜摘(大阪府連盟)が3位に入った。パリ五輪出場を目指す伊藤ふたば(デンソー岩手)は4位。東京五輪銀メダリストの野中生萌は準決勝で敗退した。

男子は百合草碧皇(早大)が3位。パリ五輪代表の楢崎智亜、安楽宙斗(千葉・八千代高)は準決勝を突破できなかった。

最後の力を振り絞り、声を上げてホールドをつかむ樋口純裕=多久市の九州クライミングベースSAGA


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月18日<サガン鳥栖>スポーツダイレクターに池田圭氏 小林祐三氏は退任

2024年4月18日<サガン鳥栖>序盤戦1勝1分け6敗 守護神の朴一圭「結果出すしかない」 チーム一丸勝利誓う

2024年4月18日<レットル佐賀>プレーオフ進出へ勝利つかめ 4月20日、大阪で安芸高田戦

2024年4月18日<サガン鳥栖>3試合ぶりホーム、サポーターに勝利を 4月20日、鹿島戦

2024年4月17日<佐賀バルーナーズ>激闘、琉球ゴールデンキングスに惜敗 2度延長も力尽きる 佐賀97-101琉球