新着情報

SAGAスポニュース

<祐徳ロードレース>一般男子は松並昂勢(青山学院大学)初優勝 女子は川﨑亜利沙頂点

第71回公認鹿島祐徳ロードレース大会(佐賀陸上競技協会・鹿島市スポーツ協会主催、佐賀新聞社など共催)が25日、鹿島市林業体育館前から嬉野市塩田町を折り返すコースであり、ハーフマラソンに478人、3キロ中学生に159人が出場。早春の肥前路を駆け抜けた。

ハーフマラソン一般男子(18~39歳)は、前回3位の松並昂勢選手(青山学院大)が、1時間5分15秒で初優勝した。佐賀県勢では、副島孝輝選手(Thank‘sPrime)が3位に入った。一般女子は前回準優勝の川﨑亜利沙選手(KRP ELITE)が1時間22分25秒で頂点に立った。

3キロ中学生は男子が中村仁将選手(吉田中)、女子は山根あやな選手(長崎・桜が原中)がそれぞれ制した。(鶴澤弘樹)

一斉にスタートするハーフマラソンのランナーたち=鹿島市林業体育館前


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月18日<サガン鳥栖>スポーツダイレクターに池田圭氏 小林祐三氏は退任

2024年4月18日<サガン鳥栖>序盤戦1勝1分け6敗 守護神の朴一圭「結果出すしかない」 チーム一丸勝利誓う

2024年4月18日<レットル佐賀>プレーオフ進出へ勝利つかめ 4月20日、大阪で安芸高田戦

2024年4月18日<サガン鳥栖>3試合ぶりホーム、サポーターに勝利を 4月20日、鹿島戦

2024年4月17日<佐賀バルーナーズ>激闘、琉球ゴールデンキングスに惜敗 2度延長も力尽きる 佐賀97-101琉球