新着情報

SAGAスポニュース

鳥栖工業高校が6度目V 九州選抜高校駅伝・男子 6区の下森、区間賞の力走

男子第34回・女子第31回阿久根市長旗九州選抜高校駅伝大会が10日、阿久根総合運動公園陸上競技場(鹿児島県阿久根市)を発着点とするコースで行われた。男子の鳥栖工は6区(5キロ)の下森実直が区間賞を獲得するなどして2時間8分15秒で3年ぶり6度目の頂点に立った。

鳥栖工は1区(10キロ)の岩佐太陽がトップと1秒差の2位でたすきリレー。2区(3キロ)で髙橋功平が区間2位の走りでつなぎ、3区(8.1075キロ)で今村仁が福岡第一をかわして首位に立った。その後は粘りの走りでトップを守り、6区で下森が区間賞の力走を見せて振り切った。

県勢はこのほか、男子の白石が14位、女子は白石が9位、佐賀清和が12位だった。男子は7区間42.195キロ、女子は5区間21.0975キロだった。(小部亮介)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年7月14日<サガン鳥栖>新加入の清武弘嗣、初出場 敗戦にも気持ち切り替え「勝つ準備する」

2024年7月14日<サガン鳥栖>「次のチャンスをつかむ」移籍後初出場のヴィキンタス・スリヴカ

2024年7月14日<全九州高校体育大会>7月14日の成績

2024年7月14日渋谷琥玲亜(佐賀商)表彰台も笑顔なく 「自己ベスト狙っていた」男子100メートル自由形 全九州高校体育大会・競泳

2024年7月14日岩石莉空(佐賀清和)4位「前半力んだ」 競泳男子400メートル自由形 全九州高校体育大会・競泳