新着情報

SAGAスポニュース

<柔道・全日本選抜体重別>佐賀県勢3人V 60キロ級の近藤隼斗(佐賀工高出身)、66キロ級の田中龍馬(佐賀商高出身)、弟で73キロ級の田中龍雅(佐賀商高出身)

柔道の全日本選抜体重別選手権大会は6日、福岡市の福岡国際センターで開幕した。初日は男子4階級と女子3階級が行われ、佐賀県勢は男子で60キロ級の近藤隼斗(佐賀工高出身、パーク24)、66キロ級の田中龍馬(佐賀商高出身、SBC湘南美容クリニック)、弟で73キロ級の田中龍雅(佐賀商高―筑波大)がそれぞれ頂点に立った。

田中龍馬は3年ぶり2度目、近藤と田中龍雅は初優勝だった。兄弟での制覇は2000年の中村行成と中村兼三以来24年ぶり。

近藤は決勝残り2秒で一本背負い投げを決めて優勝。田中龍馬はゴールデンスコアの延長の末に技ありを奪って優勢勝ちし、田中龍雅は合わせ技一本勝ちを収めた。女子48キロ級の近藤美月(佐賀商高―東海大)は3位だった。

このほか男子で81キロ級は老野祐平(旭化成)が2年連続2度目の優勝を果たした。女子は48キロ級で昨年世界選手権3位の古賀若菜(JR東日本)が19年以来2度目の制覇。52キロ級の白石響(コマツ)は3年連続3度目、57キロ級の玉置桃(三井住友海上)は18年以来2度目の優勝を遂げた。

今夏のパリ五輪代表内定選手は出場しない。今大会の結果を受けて世界選手権(5月・アブダビ)代表が決まる。

男子60キロ級決勝 一本背負い投げで一本を奪う近藤隼斗(パーク24)=福岡市の福岡国際センター(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>サッカー 佐賀東4連覇に挑む 佐賀商、龍谷など追う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>体操 男子は鳥栖工の小川蓮斗と小笠原春が中心

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>新体操 女子・佐賀北と佐賀女子が頂点争う 男子は神埼清明2チームが出場

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>陸上競技 男子走り高跳び、福山直(龍谷)の好記録に期待 女子スプリントは激戦

2024年5月21日<スポーツ短信>大前綾希子(チームSSP)、緒方葉台子(グラスコート佐賀TC)が佐賀県代表に決定 県テニス国スポ選考会2次予選