新着情報

SAGAスポニュース

ウオーキングフットボール、SAGAアリーナ(佐賀市)で開催 全国障害者スポーツ大会・オープン競技

佐賀県で10月に開かれる全国障害者スポーツ大会(全障スポ)を前に、全障スポオープン競技のウオーキングフットボールが14日、佐賀市のSAGAアリーナであった。東京都や鹿児島県などから8チームが出場。10代から70代までの選手約90人が、年齢や障害の有無に関係なく、一つのボールを蹴って交流を楽しんだ。

ウオーキングフットボールは、歩いて行うサッカーの総称で、高齢者の健康を目的に英国で発祥したスポーツ。佐賀県からはクラブ佐賀(佐賀市)とかわそえシニア(同)、MeWe(ミーウィー)の3チームが出場した。選手たちは健常者や知的障害者、つえや車いすの肢体不自由者らが同じチームでボールをつなぎ、競技を楽しんだ。

脳梗塞の影響で右半身にまひが残る田福直貴さん(32)は広島県から個人で参加。かわそえシニアのメンバーに加わって出場し、「佐賀の人たちがみんな仲良くしてくれて楽しかった」と話した。県内の特別支援学校に通う生徒とその家族らで出場したMeWeの原田耕佑さん(17)=佐賀市=は「初めてゴールが決まってうれしかった」と笑顔で試合を振り返った。

大会は4チームずつに分かれて予選リーグを実施。上位4チームによる決勝トーナメントで優勝を争った。3位までのチームには「肥前びーどろ」が入った大会メダルが贈られた。(蒲原隆寛)

笑顔で競技を楽しむ選手たち。車いすの選手も一緒にボールを追った=佐賀市のSAGAアリーナ


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>新体操 女子・佐賀北と佐賀女子が頂点争う

2024年5月21日<佐賀県高校総体展望>陸上競技 男子走り高跳び、福山直(龍谷)の好記録に期待 女子スプリントは激戦

2024年5月21日<スポーツ短信>大前綾希子(チームSSP)、緒方葉台子(グラスコート佐賀TC)が佐賀県代表に決定 県テニス国スポ選考会2次予選

2024年5月21日<レットル佐賀>13年ぶりPO、優勝目指す 24日に3位・ジークスター東京と対戦 「走るハンド」で挑む

2024年5月21日【速報】バル―ナーズ、PFチェイス・フィーラーと契約更新