新着情報

SAGAスポニュース

ラグビー7人制男子 日本代表候補が九州合宿 副島と津岡、五輪へアピール

来夏の東京五輪でメダル獲得を目指すラグビー7人制男子日本代表候補が、九州で年内最後の合宿を行っている。佐賀県関係は、ともにコカ・コーラレッドスパークスに所属する副島亀里ララボウラティアナラ(37)=佐賀市=と、津岡翔太郎(24)=佐賀工高出身=が参加。わずか12人という五輪代表の狭き門に向け、アピールを続けている。

合宿は12~23日の日程で福岡県久留米市と大分県日田市で行われており、19選手が参加。新型コロナウイルス感染対策で一般には非公開となっている。
17日は報道陣に日田市での練習が公開され、選手たちは走り込みやボールを使ったゲーム形式の練習に取り組んだ。2016年のリオデジャネイロ五輪で日本の4位躍進に貢献した副島は選手最年長ながら、衰え知らずの力強い突破を見せる場面があった。一方、最年少の津岡は別メニューでコンディションを整えた。
今回の合宿は、走り込みなど基礎トレーニングを重視し、一日に数試合を戦うベースづくりを目的にしているという。
選手を代表して取材に応じた津岡は、五輪が延期されたことについて、「自分を見つめ直すにはとてもいい機会になったと思うし、1年間成長する機会を与えてもらった」と前向きに捉える。
16日には、高校の大先輩で、15年の15人制ワールドカップ(W杯)で日本中を沸かせた五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=が、今季限りでの引退を会見で表明した。津岡は「自分もテレビで勇姿を見て、勇気をもらった一人。高校の後輩として、五郎丸さんに続いて日本のラグビーを盛り上げるようなことができたら」と意気込んだ。
代表メンバーの確定は五輪直前になる見込み。
(古川浩司)

2大会連続の五輪出場を目指して合宿で調整する副島亀里ララボウラティアナラ(中央)=大分県日田市
練習前に体をほぐす佐賀工高出身の津岡翔太郎(中央)=大分県日田市


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年9月25日<佐賀県アマ野球王座決定戦大会>ひらまつ病院、4年ぶり9度目の優勝

2022年9月25日<水球・九州高校新人>佐賀東、3位

2022年9月25日<九州地区高校野球佐賀大会第2日>鳥栖など3回戦へ

2022年9月24日<佐賀県アマ野球王座決定戦大会>25日に準決勝、決勝 準決勝はSBS三愛ロジスティクス―佐賀銀行、ひらまつ病院―朝日I&Rクラブ武雄

2022年9月24日<佐賀県アマ野球王座決定戦大会>多久市野球場 9月24日・2回戦、準々決勝の結果