新着情報

SAGAスポニュース

<県高校総体 ソフトテニス>嬉野闘志、王座返り咲き 「急造」赤堀・橋本組、快勝で流れ

敗戦の借りを返し、頂点をつかんだ。ソフトテニス男子団体は、嬉野がライバルの佐賀工などを退けて優勝した。大島樹監督は「SSP杯を含めて2年連続で負けていたから、結果が出てよかった。チームでカバーできた」と目を細めた。

嬉野は県新人大会で佐賀工に敗れ、今大会でのリベンジを誓っていた。鹿島、唐津工に勝ち、満を持してライバルとの試合に臨んだ。

第2ダブルスの赤堀公哉・橋本大翼組が流れを引き寄せた。相手は個人戦で4強入りした強敵だったが、息の合ったプレーで主導権を握った。後衛の橋本が相手を左右に動かし、前衛の赤堀が好機でボレーを決めて4―0のストレート勝ち。続く髙田圭吾・百田鉄馬組も勝利し、2―1で雪辱を果たした。

赤堀・橋本組は初の公式戦。前日の個人戦の好調さから「急造」され、全試合でストレート勝ちを収めた。3年の赤堀は「集大成の機会に、これまでの努力を出し切れた」と勝利をかみしめた。

赤堀にとって佐賀工戦の相手は、個人戦で敗れた相手でもあった。団体で雪辱した赤堀は、ラリーでゲームをつくった2年の橋本に「ありがとう」と声を掛けた。橋本は「赤堀さんが積極的に動いてポイントを奪ってくれた」とたたえた。

「全国では一つずつ勝つことを目標にしたい」と髙田主将。新たな目標に向け、努力を重ねる。(草野杏実)

ソフトテニス男子団体決勝リーグ・嬉野―佐賀工 息の合ったプレーをする嬉野の赤堀公哉(手前)・橋本大翼組=唐津市の松浦河畔公園庭球場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2023年2月2日<学童五輪・ドッジボール>2部門12チーム熱い戦い 2月4日、吉野ヶ里町文化体育館

2023年2月2日<サガン鳥栖新戦力>#27 楢原慶輝「相手が怖がるプレーを」

2023年2月1日<久光スプリングス>西村弥菜美、リベロに手応え 新ポジションで奮闘「奥深い」

2023年1月31日<佐賀県スポーツ賞>金持氏(水泳)簑原氏(自転車)に栄誉賞

2023年1月31日<サガン鳥栖新戦力>#37 MF坂井駿也 サイドバックに挑戦