新着情報

SAGAスポニュース

樋口「SSPアスリート」認定 Sクライミングでパリ五輪目指す

佐賀県は4日、スポーツクライミングの樋口純裕(29)=多久市出身=を世界レベルの選手とする「SSPトップアスリート」に認定した。樋口は旧多久東部中在校時に本格的に競技を始め、現在は東京都を拠点に2024年のパリ五輪出場を目指している。9月にスロベニアで開かれたワールドカップ(W杯)のリード競技で初優勝したことを受け、トップアスリートへの認定が決まった。

県庁で行われた認定式で、樋口は「W杯での優勝を糧に佐賀国スポで活躍したいし、パリ五輪では金メダルを取りたい。24年までの短い時間を充実させ、佐賀にいいニュースを持って帰りたい」と気持ちを新たにした。山口祥義知事は「認定できてうれしい。今しかできないことを全力でやってほしい」と激励した。

取り組みは、トップアスリートの育成とスポーツの裾野拡大を目指すSAGAスポーツピラミッド構想(SSP構想)の一環で、選手の実績に応じて支援する。トップアスリートは世界レベルの実力を持つ県ゆかりの選手が対象で、認定は12人目。年間150万円が助成される。(草野杏実)

山口知事(右)から認定証を受け取った樋口純裕=佐賀市の県庁


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日