新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校駅伝・男子>鳥栖工 5区廣滝、集大成の好走

鳥栖工の5区(3キロ)廣滝拓音が8分57秒で区間7位と健闘した。「最後まで粘り強く走り切ろうと思った。緊張もあったが、集大成の走りができた」。3年生で初めて大舞台を踏んだ喜びをエネルギーに変えた。

レギュラーの座をめぐるチーム内の競争はし烈で、県大会、九州大会ではいずれも出走できなかった。「もう無理かもしれない」と心が折れかけたが、あきらめずにトレーニングを続け、大会前に調子を上げた。

白石中出身。祖父の敏治さんと父紀雄さんも県内一周駅伝で活躍した“駅伝一家”。卒業後は企業に就職し陸上競技を続ける。「ふるさと杵島郡の選手として、県内一周駅伝で活躍したい」。あこがれの都大路を駆け抜け、すがすがしい表情を見せた。(古川公弥)

男子 鳥栖工の5区・廣滝拓音(左)から竹下史啓にたすきリレー=第5中継所(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年3月2日<サガン鳥栖>今季初勝利、札幌を4―0

2024年3月2日<サガン鳥栖>マルセロヒアン先制ゴール 「もっと決めたい」

2024年3月2日<佐賀バルーナーズ>主導権渡さず北海道に大勝 佐賀81―52北海道

2024年3月2日<佐賀バルーナーズ>攻守で圧倒、一気に流れ 角田太輝、試合展開に手応え

2024年3月2日<サガン鳥栖>マルセロヒアン先制、ヴィニシウスアラウージョ追加点