新着情報

SAGAスポニュース

<全国高校駅伝・女子>白石高 走り充実、確かな成長

凍てつく都大路に、確かな成長の跡を刻む熱走だった。3年連続出場の白石は22位でフィニッシュ。目標の20位内は逃したものの、一昨年の29位、昨年の23位から着実にステップアップした。最終5区(5キロ)で区間13位と奮闘した主将の山口咲栄は「3年続けてきらきらとした景色の中を走れて幸せ。楽しく終われてよかった」と充実した表情で汗をぬぐった。

山口とともに3年連続出場の1区(6キロ)平島ゆゆは、ハイペースで飛ばす周りの選手に対する焦りもあり、序盤から思うようにスピードに乗れなかった。それでも「本調子でなくても逃げ出さない」と終盤にギアチェンジ。意地を見せ26位に踏みとどまった。

チームを引っ張ってきた山口、平島への感謝を胸に、期待に応えたのが3区(3キロ)橋本奏と4区前田穂乃香(同)の両2年生。昨年も同じ3区を走り区間13位。5人抜きを演じた橋本は「焦らず一つずつ順位を上げていくだけ」と、持ち前のスピードで折り返し後の向かい風を切り裂き、6人抜き。前田も23位に順位を上げた。

都道府県対抗男子駅伝の監督、コーチなどを務めた門田芳彦監督が指導を始め3年目。「着任当初は、選手たちの心と体が連動せず、サイドブレーキを引いたまま、アクセルを踏んでいるような状態だった」という。競技へのモチベーションの高め方、故障しない体づくりを重視しながら底上げを図り、選手たちの自主性を引き出した。

「長丁場の2区(4・0975キロ)を後輩に任せてしまったことに対する申し訳なさもあった。長い距離を担えるよう力を付け、後輩を引っ張っていく」と橋本。大舞台での貴重な経験が、チームのさらなる進化の糧となる。(古川公弥)

女子 白石の4区・前田穂乃香(右)がアンカー・山口咲栄にたすきをつなぐ=第4中継所(撮影・米倉義房)


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2022年10月3日<さが桜マラソン>募集開始、初日から申し込み続々

2022年10月3日<とちぎ国体>佐賀県勢、レスリング3選手優勝 ボルダリング、空手道3位

2022年10月3日<とちぎ国体>小柴伊織、父の前で頂点 初対戦の強敵を連破 レスリング

2022年10月3日<とちぎ国体>小野正之助、痛みに耐え栄冠「まさか勝てるとは」 レスリング 

2022年10月3日<とちぎ国体>須田宝2位 雪辱ならず「自分を見つめ直す」 レスリング