新着情報

SAGAスポニュース

<佐賀県アマチュア野球決定戦>スカーズ多久、唐球カブス、浜玉溝田クラブ、ハリケーンが県大会進出

第61回佐賀県アマチュア野球王座決定戦大会(佐賀新聞社主催、県軟式野球連盟主管)の多久地区と唐津地区代表決定戦が16日、多久市野球場などであった。多久地区はスカーズ多久、唐津地区は唐球カブス、浜玉溝田クラブ、ハリケーンがそれぞれ県大会出場を決めた。

多久地区はスカーズ多久と多久ジャガーが対戦。スカーズ多久は三回、1死一、二塁から6番柴田翔太が中越え三塁打を放って2点を先制。投げては先発の左腕庄崎伊織が4安打完投し、4―2で勝利した。

唐津地区では、唐球カブスは三回、木村慶史郎の二塁打を足掛かりに1番犬塚晃海が右前打を放ち先制。投げては溝添健太郎が完封し1―0で白星をつかんだ。宮島醤油は再三の得点機を生かし切れなかった。

浜玉溝田クラブは1―0の六回2死一、二塁から6番岡部和男の適時二塁打で2点を追加。先発の坂本亮は毎回走者を背負ったが無失点に抑え、3―0で焼鳥大海を下した。

ハリケーンは1点を追う五回に1番江口義人の二塁打で同点、六回も2死三塁から7番伊藤和貴の適時打で勝ち越し、2―1で競り勝った。唐津信用金庫は先制を生かせなかった。(市原康史、小部亮介)

代表決定戦・スカーズ多久―多久ジャガー 3回表1死一、二塁、スカーズ多久の6番柴田翔太の中越え三塁打で2点を先制する=多久市野球場


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月18日<サガン鳥栖>スポーツダイレクターに池田圭氏 小林祐三氏は退任

2024年4月18日<サガン鳥栖>序盤戦1勝1分け6敗 守護神の朴一圭「結果出すしかない」 チーム一丸勝利誓う

2024年4月18日<レットル佐賀>プレーオフ進出へ勝利つかめ 4月20日、大阪で安芸高田戦

2024年4月18日<サガン鳥栖>3試合ぶりホーム、サポーターに勝利を 4月20日、鹿島戦

2024年4月17日<佐賀バルーナーズ>激闘、琉球ゴールデンキングスに惜敗 2度延長も力尽きる 佐賀97-101琉球