新着情報

SAGAスポニュース

<学童五輪・バドミントン>多久スポーツピアV 6年以下 女子は川上ジュニア

JA杯第35回佐賀新聞学童オリンピック大会バドミントン競技(佐賀新聞社・県バドミントン協会主催、JAグループ佐賀特別協賛)は2月28日、唐津市文化体育館で男女計6部門があった。6年以下は、男子が多久スポーツピア(多久市)、女子は川上ジュニア(佐賀市)がそれぞれ3年ぶりの頂点に立った。

大会には73チーム367人が出場し、1複2単の団体トーナメントで争った。同競技は昨年、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となり、今大会が2年ぶりの開催となった。

開会式では、佐賀新聞社の辻村圭介唐津支社長とJA共済連佐賀の蒲原辰哉業務部長が「大会への感謝と諦めない気持ちを持って、日頃の成果を存分に発揮して」とエールを送った。

6年以下男子決勝・多久スポーツピア-七山モンキーズ 力強いショットを放つ多久の山﨑琉生=唐津市文化体育館
6年以下女子決勝・川上ジュニア-唐津ジュニア 緩急をつけた攻撃で勝利した川上の永渕友梨華=唐津市文化体育館


佐賀新聞RSS佐賀のスポーツニュースをお届けします。

2024年4月23日<九州地区高校野球・第4日>唐津商、準決勝進出 東明館は1回戦サヨナラ負け

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、競り負け 2-3鹿児島実業 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>唐津商逃げ切る 唐津商3―2宮﨑商 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>東明館、終盤の粘り及ばず 主将の塩川翼「少ないチャンスを生かした」 第4日

2024年4月23日<九州地区高校野球>長崎日大の林田瑛士(城西中出身) 地元で2安打 第4日