新着情報

いつも自己ベストを狙って

SSPアスリート

いつも自己ベストを狙って

全障スポ、大会新で2冠  初めて出場した全国障害者スポーツ大会「いちご一会(いちえ)とちぎ大会2022」。陸上1500メートルの知的障害者少年男子の...

MORE

すべてはチームと勝利のために

SSPアスリート

すべてはチームと勝利のために

水中の格闘技  プール内に作られた30m×20mのコートの中で、7人で構成したチーム同士がゴールにボールを入れ合う競技、水球。「水中のハンドボール」...

MORE

高校王者、五輪目指し一歩ずつ

SSPアスリート

高校王者、五輪目指し一歩ずつ

鳥栖工高から山梨学院大へ  得意の片足タックルを武器に、レスリング男子60キロ級で高校王者に輝いた。大きく成長を果たした高校時代は「1日1日がすごく...

MORE

日の丸背負い、世界へ挑戦

SSPアスリート

日の丸背負い、世界へ挑戦

インターハイ、5位入賞 「1年生だけど入賞する」。固い決意を胸に臨んだ、2022年8月の四国総体。言葉通りの活躍を見せ、男子高飛び込み決勝で5位に入...

MORE

世界を夢見る期待の“超”新星

SSPアスリート

世界を夢見る期待の“超”新星

ゾーンに入る  試合のプラットフォームに立ち、バーベルと向かい合った瞬間から競技を終えるまで、「重たかったな」という程度しか記憶がないという。会場内...

MORE

2度目の五輪を目指し、地元佐賀から再始動

SSPアスリート

2度目の五輪を目指し、地元佐賀から再始動

悲願の五輪出場と引退  選手としてのラストイヤーと決めていた2021年。新型コロナウイルス感染拡大で1年延期された東京五輪に出場し、全日本選手権を制...

MORE

プロとして、結果を追い求める

SSPアスリート

プロとして、結果を追い求める

小、中、高と全国制覇  父親がソフトテニスをしていたことがきっかけで、小学3年から大阪府岸和田市内のクラブでラケットを握った。関西地区、特に大阪や兵...

MORE

毎日、自分のベストを

SSPアスリート

毎日、自分のベストを

高校2年の決意  生まれたころから、祖父がテニスクラブ「ウィンブルドン九州(現・グラスコート佐賀テニスクラブ)」の創設者だったこともあり、テニスはと...

MORE

目指すは、五輪金

SSPアスリート

目指すは、五輪金

兄の背中を追いかけて  柔道との出会いは4歳のころ。三つ年上の兄(田中龍馬・筑波大3年)の背中を追いかけて始めた。そこから、常に先を行く兄が目標とな...

MORE

ソフトテニスの新たな地平開く

SSPアスリート

ソフトテニスの新たな地平開く

日本一のタイトル、20回以上  日本発祥のスポーツであるソフトテニス。中学校での競技別人口は、野球やサッカーを上回り最も多いという。愛好家は全国に7...

MORE